お知らせ

イメージ・エアーサイクル2024/05/14

グッドマン換気口
せせらぎ
ターンドK

住宅展示場を見学すると『24時間換気システム』の説明を受け、近未来型の換気システムのように錯覚する人もいるようです。

「錯覚させるハウスメーカーがいる」といったほうが速そうです。

その多くが第一種換気扇とエアコンを併用させる全館冷暖房のシステムです。

半分のメーカーが採用し、半分のメーカーが採用していません。

採用しているメーカーの話だけではなく、採用していないメーカーから理由を聞いた方がいいようです。


【川越設計の考え方】

ムダなお金をかけるほど日本の空気は汚れていない。


【提案その1】

・グッドマン換気口:15,000円

    グッドマン換気口|株式会社 日浦 (hiura-bix.co.jp)


【提案その2】

・ダクトレスの『せせらぎ』:材工共で70~80万円位

    ダクトレス熱交換換気システム「せせらぎ」 | PEJ (passivenergie.co.jp)


【提案その3】

・ターンド・ケイ:通販でも3~4万円。

    KL-W01 壁掛けタイプ|PRODUCTS|カルテック株式会社 公式サイト (kaltec.co.jp)


先日、お客様に川越設計の自慢話をさせてもらい、川越設計のファンになっていただきました。

土地からなので少し時間がかかるかもしれませんが、随分と建物の研究をしているお客様でした。

帰り際に「某メーカーの00空調のデメリットを教えてください」との質問に、「待ってました!」と、詳しく説明しました。